うなぎミュージアム 雑魚寝館

0009.png


HOME > 雑魚寝館について

うなぎミュージアム&Cafe・雑魚寝館は3分野から成り立っています。

1:Aqurium 世界のウナギと日本淡水魚の生態展示

aounagi1.jpg雑魚寝館でしか見る事ができない珍しいウナギや魚たち
ウナギの仲間は世界に19種がいます。雑魚寝館にはインド洋のベンガリエンシス、バイカラー・バイカラー、オーストラリアのオーストラリスなど10種がいます。そして館長・亀井が研究中の汽水干潟の名品アオウナギや各地の天然ウナギも多数展示しています。


2:Gallery ウナギと淡水魚のアート&クラフトの展示&コケ盆栽の展示

CANON_Canon EOS 60D_22931200-229661931206.JPG雑魚寝館では様々なアーティストさんの作品等を展示しております。
彫刻では川合敏久の琵琶湖の魚達、藤原賢二のアカメ、木彫では田中鱗水のナマズ、仲間智登志のウナギ、そして安川眞慈のアオウナギの墨彩画、武内朋之のイトウの細密画など一見の価値ある作品が多く常設展示されています。また野草を生かした野趣あるコケ盆栽が自然なやわらかい空間を演出しています。


3:Cafe 紅茶・珈琲とパンそしてうなぎの頭・半助のオリジナル料理や絶品のうなぎカレー

写真 5.JPG館長オススメの自慢のうなぎのカフェ料理
ウナギや淡水魚のアート作品やコケ盆栽に囲まれた自然遊泳スペースで憩いの一刻、マリアージュフレールやフォションのオリエンタル系紅茶とうなぎの塩パンセットを味わってみて下さい。
また、うなぎの飯蒸しやうなぎチャーハンそしてうなぎの頭・半助と温かいご飯の取り合わせも美味しく楽しんでみて下さい。


館長プロフィール

亀井 哲夫
Tetsuo Kamei

昭和22年12月29日生同志社大学法学部政治学科卒業。追手門学院大手前中・高等学校校長。
平成7年淡水魚ミュージアム茶論「雑魚寝館」開設。北海道から沖縄まで日本産淡水魚の展示と、その魚にゆかりのアートやクラフトもあわせて展示。淡水魚の研究セミナーや紅茶・日本茶のセミナーを実施。特に、イタセンパラ・モロコ等、日本産淡水魚の魚名を研究し、さらに平成18年からは、アオウナギの食文化の研究をしている。

LinkIconさらに詳しく

IMG_0477.JPG